昔話を読み聞かせて、穏やかに眠る練習を…

ワンオペ育児でお風呂やご飯の用意など、大変なところは山ほどありますが、最大の山場は「寝かしつけ」やと思うんです。

 

布団にゴールしたら、やっと笑顔に戻る日々…

もしも「明日の朝にしよう」と台所に食器を山盛りにしていたら、翌朝パニックになるため(笑)、とりあえずお弁当や朝食を作り出すスタンバイができるところまでは、夜のうちにがんばります。

お風呂から出て寝るまでが長くなると風邪をひく季節になってきたので、お風呂は片づけがすべてが終わってから…。

それまでは寝たがる息子にバンバン話しかけながらひたすら待たせて、お風呂から出たら一気に布団まで追い込みます。

時間によっては、叫びながらあおりまくることもあり…( *´艸`)(笑)

 

布団に入ったら優しいかーちゃんに戻れるからと、毎日必死でゴールを目指します。

 

5歳になり、ようやく読み聞かせができるように…

5歳になって、最近は絵本のようにめくらなくても良い、見開き1回の読み聞かせのみで進むお話が聞けるようになりました。

 

週ごとに、日本のおはなしと世界のおはなしを読み比べしたいそうです( *´艸`)

実は2年ほど前に買っていたのですが、早すぎました…(笑)

何度かアプローチしながら失敗していて、最近になってヒットし始めました♪( *´艸`)

何事も、継続ですよね…(遠い目。笑)

 

絵本は途中で止めて話し出すと息子のペースにどんどん入ってしまい、ページがめくれなくなり、お話そのものがわからなくなるので、ほとんど止まらずに どんどん進めるようにしています。

どこかの幼児教育科(笑)で遠い昔に絵本の読み方を習ったのですが、たぶんいろいろ教えてもらったはずやのに、「止まるな」と言われたことしか記憶になく…( *´艸`)(笑)

 

読み聞かせの本の場合、想像力が勝負になるのと、ただ読むだけではそっけないと思われるので、補助的に話をつけ加えるようにしています。

もし息子のおしゃべりや想像がどんどん広がってきても止めることはせず、すべて認めて受け入れて、1日の中で最高に穏やかな笑顔でいる時間を心がけるようにしています。

そのメリハリが「読み聞かせ、楽しい!」と思えるようで、ゆっくりじっくり聞いてくれるようになりました。

 

いろんな言葉を知るための「昔話」と思います。

昔話を読んでいると、普段めったに使わない言葉が出てきます。

「ロバって何?」とか「王様ってだれ?」など…。

どんどん立ち止まって、その言葉を説明しながら、その場で覚えられなくても良いからおしゃべりしながら疑問をぶつけて解決していくことの楽しみを知ってもらえる気がします。

頭はよくなるかどうかはわかりませんが、そこで出てきた言葉を翌日のお風呂での「しりとり」に出してみたり、取り入れたものをあちこちに発展させつつ、言葉の数を増やしていってあげることができたらなぁーと、思ったり…( *´艸`)

「毎日元気でニコニコやったらそれでいい」と思っている部分が大きすぎて、頭をよくする気がないのですが、毎晩ニコニコしながら眠れるのなら、これ以上嬉しいことはなく…。

この読み聞かせタイムをずーっと続けられたらいいなぁと思っています。

 

穏やかに眠る練習のはずが…

最大の目標に「穏やかに眠る」と設定しているはずが、さらに元気になるという…(TOT)(笑)

こないだなんて、布団と布団の谷間に向かって「王様の耳はロバの耳ー!」と、叫びまくって寝る様子はまったくなく…(笑)

全然、穏やかじゃない空間になって、私が先に寝ると息子もどうにか寝てくれます。

でもね、そのうち「ひとりで寝たいねん」と言われる日が来ることを考えると、目の奥あたりがザワザワしてきて、無性に寂しくなってしまうんです。

あと少しやから、あれこれしながら楽しみたいと思います。

いつか、どうにかして、穏やかに眠れる日が来たら、また詳細を報告させてくださいねー( *´艸`)(笑)

 

 そしてオマケに、最近買った大好きな本2冊…。

 

 

「ひょうしきとマークずかん」は息子にはちょっと遅かったかも…。

時間を見つけて、もう少し掘り下げて話したい一冊です…( *´艸`)(笑)

「なんかいのでんしゃ」は身近な電車がいっぱい載っていて、私の方が楽しくなって買った一冊…。

おそらく最近出た本と思うのですが、景色で場所までわかるぐらい、自分に近い本ですね(*^-^*)

最近の子鉄はんがめちゃめちゃややこしそうなうんちくを語るようになったのは、この本のおかげと思われます( *´艸`)(笑)

 

本が好きすぎて、買いまくってしまうのですが、飲みに行くワケでもなく、何年も形に残っているから良いことですよねー( *´艸`)