自己評価を高める方法を考える

突然ですが私、自己評価が低いです。
カサンドラ症候群のせいでもあるし、やりたかったことを親にやめさせられたこともあります。
自己評価が低い人のチェックリストを見ると、ほとんどが当てはまります。

「大好きなこと」を「時間のムダ」とか「お金かかる」とか「どうせ続かん」と言われ、認められた経験がありません。
ただただ、外に出て事務員として働いて欲しかったのだと思います。母も旦那も…。
何が大好きなのかすら見失ってしまって、息子が生まれてからは自分が何をしたいのか、まったくわからなくなりました。

でも、実は料理が好きなんやと思います。

久しぶりに作ったキッシュ…。
だけど作っていると「料理嫌いやん?」と旦那に言われたことが、脳裏をよぎってのめり込めません。

息子のお弁当も作っているんです。

手作りパン弁当をほめてもらっても、自分の中では納得できていないのです。

事あるごとに、ある人から「ホンマはめっちゃできてるで!」と言われ続けてきましたが、「そんなことないです」と言い続け…。
たぶん、その「ある人」は気づいているのです。私の自己評価の低さに…(笑)
だからその声かけをしてくれていたのだと思うのですが、私は気づくことすらなく、ずーっとポカーンとしてきました。

何か足らない気持ちを抱えて、いつもモヤモヤしているのです。
でもここまで来たら人のせいではなく、自分で解決した方がスッキリする気がしてきました。

徹夜で考えた結論としては、食べ物は食べたらなくなるから、自己評価を高めきられへんのじゃないかということでした!!(笑)
過去に5回引っ越ししていますが、やりたいのにケチって途中でやめてしまうのが、インテリア…。
中途半端な落ち着かへん家やけど、「まぁ、また引っ越すし…」とテキトーに切り上げてしまうのです。
「この家で落ち着いて住む」という覚悟がない、フワフワした気持ちがアカンのではないかと思うんです。
お金はかかるかも知れんし、また引っ越すかも知れんけど、やってみたいと思ったのです!

ずーっとモンモンとしてきた何かが、ふわっと飛んでいった気がしました。
ワンオペ育児をしていると、「やりたいこと」の優先順位より「やるべきこと」が多すぎると感じるのです。
もう一度冷静に、「いるもの」と「いらんもの」を分けてみようと思います。
そして「買うもの」も考えたいと思います。
家で過ごして見える場所すべてが「ステキやな!」「がんばったな!」と思えたら、きっとすべて楽しくなるはず…。
私に足らんものを徹夜で考えてやっと気づいたので、早朝から書いてみました。
インテリア、収納、料理、編み物、ミシン…。いろいろしてみたいことがあります。
焦らずにちょっとずつチャレンジして、紹介していけたらと思います♪

ステキな1日になりますように…☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA