ワンオペ育児の手抜き大掃除♪お風呂編

息子とふたりで暮らす前から、掃除は全面的に私の担当でした…。

毎日のお風呂掃除は旦那がしてくれていたのですが、「ホンマかいな?」ぐらいでした…(笑)

「毎日してくれてるねんから、文句言うたらアカン」と思いすぎて、2か月に1回ぐらいは狂ったかのように、高校時代のジャージを履いて、カビ取り洗剤をお風呂じゅうに吹き付けて掃除していました。

…息子を出産後も年末の大掃除で同じことをしていたため、3年連続でお正月に熱を出してぶっ倒れ…。

そんなこんなで、息子とふたりになってからは、お風呂掃除が超簡単になりました!(*´▽`*)

毎日コツコツすればラクになる、お風呂掃除のコツ、語らせてくださーい!( *´艸`)

 

まずはきちんとカビ取りした方が良いのです。

この家に来て、ほとんどカビを見なくなりました…。

お風呂のドアのゴムパッキン部分に黒いのがいるのが気になりますが、そこは近日中に向き合うとして…(笑)

引っ越してきたのが6月だったので、3回ぐらい(?)連続でカビ取りしただけで、カビの発生率は激減しました。

 

毎日42℃のお湯で石けんカスを流しています

そして、潔癖症で有名な坂上忍さんが「お風呂上がりに60℃のお湯をかけて出る」と言っているのをテレビで見て以来、私も毎日42℃のお湯を、壁や石けんカスの溜まりそうなところにかけてから出るようにしています。

お風呂に入る前もですが、掃除の時はいつも42℃と決めています( *´艸`)

息子と一緒にお風呂に入るといつも40℃なので、おそらくカビが大好きな温度なんです。

それを避けるためにも、42℃は大事ですよね~(´▽`)

湯温調節を42℃にするたび、60℃の坂上忍さんを思い出しますけどねー、私、やけどしそうやからー( *´艸`)(笑)

このお風呂上がりの石けんカスを流すひと手間だけで、カビの発生は減るのだと思います。

我が家の場合、息子のがお風呂で滑らないように、浴槽の中と洗い場に滑り止めマットを敷いているのですが、最後に流して換気扇を回してひと晩乾かすだけで、2か月に1回買い替えていたマット類が半年以上無傷でキープできるようになりました。

介護の必要な方にもおすすめしたい、浴槽内用の吸盤付きマットです。

これを敷いていると、安心して立ち上がることができると母が言っていました。

 

洗い場にも転倒防止に置いています。

あとは2か月に1回、防カビくん煙剤を使うだけ

この防カビくん煙剤を使い始めてから、2年近く、カビ取り掃除をしていません( *´艸`)

2か月に1回の防カビくん煙剤と毎日の石けんカスを流す努力で、あのずぶ濡れになる大掃除とお別れしました♪

銀イオン、素晴らしい…♡ 

おふろの防カビくん煙剤

 

同じ日に、お風呂の排水口も防カビします!

こちらも2か月間有効の、お風呂の排水口防カビプラス!

お風呂の排水口防カビプラス

最初、薬品の匂いはしますが、排水口に置くだけでヌメリが出なくなりました( *´艸`)

どちらも2か月に1回なので、同じ日にやっつけてしまいます!(*´▽`*)

ワンオペ育児になって、掃除をどのようにして一瞬で終わらせるかを、かなり真剣に考えるようになりました…。

約5年間でたどり着いた、超ラクチン大掃除、もし良ければ試してみてくださいね~♪( *´艸`)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA