HSPの嗅覚過敏を活かして…。アロマテラピー検定1級を独学で目指す理由

「HSPの嗅覚過敏を活かして…。アロマテラピー検定1級を独学で目指す理由」についてお話しします。

私自身、HSP(highly sensitive person)だと気づいて、4年が過ぎようとしています。

他にやりたいことも多く、なかなか勉強が進まないのですが、この嗅覚過敏を活かした資格、アロマテラピー検定をおすすめしたいのです!

難しそうに思いますが、実は1級合格までなら簡単なようです。

今まで、嗅覚過敏は私にとって大きなハンディだと思っていたのですが、考え方を変えるだけで特技になるのではないかと、自信が持てるようになりました。

HSPの嗅覚過敏が強くてお悩みの方のために、私がアロマテラピー検定1級を独学で目指す理由をお伝えしたいと思います。

HSPの嗅覚過敏さで、ほとんどのアロマオイルを知っている

たぶん15年以上前から、アロマテラピー検定のことを気にしていました。

一度嗅いだアロマオイルの香りと名前はだいたい覚えられるのが、我ながら不思議だったんです。

でもそれを夫に言うと、「そんなのお金にならない」とか「国家資格じゃない」とか…。結局、私が始めようとすることにはケチをつけて、自分の望む仕事をさせたかっただけだと気づきました。

別居してみて、私自身がHSPであることに気付いて、この嗅覚の過敏さを肯定するにはこれしかないと、アロマテラピー検定の扉を開いてみることにしました。

本当に敏感やとしたら、きっと一発合格できるはず…(笑)

やりだしたらハマる人、メモりまくりですけど( *´艸`)(笑)

「何年かけても、遠回りしても大丈夫」と、自分にひたすら言い聞かせながら、ちょっとのすき間時間を使って勉強しています。

でも、やるからには期限と目標を持って合格したいなぁと、思ったり…(笑)

先日書きましたが、HSP(highly sensitive person)の私の特徴として、匂いにかなり敏感な部分があるんです。

「HSCの子育てハッピーアドバイス」を読んで。HSPの自分を認めるために…

 




嗅覚過敏はハンディだと思っていました

幼い頃は、動物園に行けなかったり、通学途中にバキュームカーとすれ違うだけで、朝ご飯を道端に吐いてしまっていました。

ゴールデンウィーク明けぐらいを「初夏の匂い」、真夏の森を「カブトムシの匂い」、朝起きると「朝日の匂い」と匂いに名前を付けて味わうような子どもでした(笑)

40歳過ぎた今でも、朝早くに東側のベランダに立つと、「お日様の匂い」がわかります。霧が深い朝は「フランスの朝の匂い」、雨上がりは「雨の匂い」を全部感じて生きています。

そんな私なので、アロマオイルを使っているお店を通ると「あ!ゼラニウム!」とか「あ!ベルガモット!」と、有名な香りはだいたい言えるのです。

「もうちょっと、勉強したらいけるんちゃうん?」ぐらいの軽い気持ちで始めてみました(笑)

そしてテキストを開くと、いちばんややこしそうだと思っていた学名(学術名)がラテン語由来ということに気づき…。

実はラテン系言語のフランス語を習っていたため、想像の発音でカタカナなしでもほとんど読めてしまうんです!(*^-^*)

これはソッコー合格やろ?と思いながら、でも実際は厳しいんやろなぁと、思ったり…( *´艸`)(笑)

でも、今まで「ハンディ」と思っていたことが「ラッキー」に変わった瞬間でした。

アロマテラピー検定は新しいことを始める第一歩

息子が幼稚園に行っていたある日、占いに行ったんです。

 

新しいことを始める時は、必ず勇気が必要で、時間もかかるし体力も使うから…。」と…。

 

占い師さんは教えてくれました。

今まで育児に全力投球してきましたが、幼稚園でがんばっている息子を想って、私もがんばる時間にしたいと思います♪( *´艸`)

ワンオペ育児中なので、いったいいつ試験が受けられるかわかりませんが…。

いつでも受けられるように、少しずつでも準備していきたいと思います♪( *´艸`)

 




忙しいHSPさんのリラックスのために…。

ひといちばい敏感で忙しい、嗅覚過敏なHSPさんに、天然の香りがする ヴェレダ ボディウォッシュ がおすすめです!

ラベンダーやローズ、シトラスなど優しいお花の香りに癒されて、バスタイムを楽しく、リラックスしてくださいね~!

ヴェレダボディウォッシュの使い方を口コミ!泡立ちのないのが保湿のヒミツ

WELEDA シャワークリーム ヴェレダボディウォッシュの使い方を口コミ!泡立ちのないのが保湿のヒミツ


ヴェレダ クリーミーボディウォッシュを詳しく見る




コメントを残す