プラレールの収納棚はIKEAのトロファストで車庫風に…。

我が家の子鉄さん、プラレールが大好きです( *´艸`)

1歳半でトーマスデビューしてから、かれこれ3年半…。

少しずつ買っていたはずが、ふと気づくとプラレールだらけになっていました。

どうにかしてキレイに収納したい!!

最初は箱に「ゆる収納」していたのですが、どんどんグチャグチャになってきました。

そして、特に私なのですが、文房具でもキッチン用品でも、箱に入れて隠してしまうと気が大きくなって、次から次へとどんどん買いこんでしまうクセがあり…(笑)

すべて見えていたら、「あるから」とガマンできることに気づいているのです。

おそらくそれは息子も同じで、絶えず見える状態にしていたら、おもちゃ屋さんに行っても欲しがることが減るのではないかと思いました。

 

横置き3段カラーボックス+直線レール

これが2年半前の写真…。

f:id:nabekosaan:20181005132855j:plain

2倍直線レールと橋脚を使って、横置きにしたカラーボックスに並べていました( *´艸`)

キャビネット部分にレールや情景部品をグチャグチャに収納しています。

ところが、当時3歳の息子はん、奥のプラレールが欲しくなるたび怒りだすのです…(笑)

ご飯を作っていても、洗濯していても、奥のプラレールを取るたびに呼ばれていました。

結局、最終的には床に並べまくります。それがラクでした…(*^-^*)(笑)

 

すのこで棚を自作した時期もありました

100均で売られている45cmのすのこがちょうど直線レール一本分ということもあり…。

息子とふたりですのこに色を塗って、1週間かけて棚を作ったこともありました。

クリスマス プラレール

 

記憶にハッキリ残っていないのですが(笑)、4歳のクリスマス!たぶん!4歳です!(笑)

サンタさんがガチャっとステーションを持って来てくれました♡( *´艸`)

f:id:nabekosaan:20181005132827j:plain

3歳は大きなトーマスを持って来てくれたので、合っています( *´艸`)

サンタさんが来ると大きなおもちゃがドン!と増えるのです(笑)

そこはもう、息子が大好きなクリスマスの絵本「クリスマス トレイン しゅっぱつ」のワンシーンなのです…( *´艸`)

 

IKEAのトロファストとプラレールがシンデレラフィット!!

ただね、結局は「すのこ」なので、棚板部分がしなってきてしまい…。

1年弱は使っていたと思うのですが、地震が来た時に備えて、新たな収納を考えていました。

プラレール好きのお子さんのママとよく話すのですが、プラレールの収納は永遠の課題だと思います。

広げても片づけても、ものっすごい場所を使います。

せっかく電車のミニチュアがいっぱいあるからには、できればカッコ良く飾りたいし…。

グチャグチャに箱に入れて絡み合うのが嫌で、悩んで眠れない夜もありました(笑)

4歳のクリスマスに、狭い家のリビングにでっかい駅がやってきて、またまた収納場所に困り始め…(笑)

「2倍直線レール=プラレール3両分=だいたい45cm」

これを覚えていると、収納しやすくなると思います。

おかげさまでだいたい45㎝のものを見ると、嬉しくなってニヤニヤしてしまいます(笑)

家じゅうの棚に2倍直線レールを当てながら、ステキな収納法がないかと考えていたら、ありました!

そこで見つけたのが、IKEAのトロファスト。

当時、写真と同じようにプラスチックの引き出しを使っていましたが、3年以上使っていて、横のゴムがゆるんできて、引き出しが落ちてイライラしていたところでした。

引き出しをやめて棚板を入れて、2倍直線レールを貼り付け…。

2倍直線レールと3両編成のプラレールとIKEAのトロファストのステキすぎるシンデレラフィット!!!(*´▽`*)

感動の収納場所、登場です♡( *´艸`)

トロファスト×プラレール

この方法にして1年近くたちますが、超おススメです!

見るたび嬉しくて、「やったったぞ、自分!!」とワタシがワタシを褒める場所になりました( *´艸`)(笑)

ただ、この状態を保てるのは、誰かが遊びに来る直前のみ…。

息子と同い年ぐらいのお友達が来たら、全部発車していってしまいます(笑)

橋脚を使えば、車庫から発車できるんです!!

おかーちゃん、これをひらめいた時にはもう、楽しすぎて!!(*´▽`*)(笑)

f:id:nabekosaan:20181005134033j:plain

そしてもともと横置きしていたカラーボックスは縦置きにして、レールや情景部品をゆるく収納しています。

 

5歳になり、プラレール卒業が近づいてきました。

そんな息子は5歳になり、プラレールが増えることはほとんどなくなりました。

そして私のプラレール収納研究も、そろそろ卒業なのかと思うと寂しいです。

どこかで読んだのですが、男の子のおもちゃが増えるピークは4歳らしいです。

それ以降はどんどん小さなおもちゃになるんですって!

そんな息子は今、ついに小さな電車に目覚めてしまいました…(>_<)

BトレインショーティーをNゲージ化~おうちで南海電車~

 

プラレールが増えることはなくなりましたが、どんどん大きく組み立てられるようになって、遊び始めると一気に部屋がドッカーンとなっています(笑)

トレインケースも憧れですが、まったく足りませんよね…(TOT)

 

プラレールのゴチャゴチャ(笑)がキレイに片付くだけで、ママの方が永遠にプラレールで遊んでいたたくなるぐらいに、楽しくなると思います!

大きくなるにつれて、プラレールの遊び方も大胆になってきましたが、車庫に並んだ姿を見ながらニヤニヤしています♪( *´艸`)

電車が好きな子はかしこくなる 鉄道で育児・教育のすすめ 弘田陽介 著 を読んで…

それぞれの電車の色や形、数を数えながらレールをつないで遊ぶプラレール。

「知育玩具」だと思えば、片付いていなくてもガマンできる・・・・かな?( *´艸`)(笑)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA